記事をトップに固定表示する方法と先頭固定表示のカスタマイズに必要なテンプレートタグ

medium_5308185904

WordPressにいつの間にか記事を先頭固定表示にする機能が付いてたんですね。調べるとどうやらWordPressのバージョン2.8から実装されてたっぽいです。(何故気付かなかったんだ…)

そんな機能に気付いてしまい、使い方やら先頭固定表示のカスタマイズに必要なテンプレートタグを調べたのでメモします。

あとこの記事をテストのため先頭固定表示にしています。

photo credit: TeryKats via photopin cc

記事を先頭固定表示にする方法

記事を先頭固定表示にする手順は至って簡単。

記事の編集ページを開いて、右側にある「公開状態」の「編集」をクリック。

sticky-post01

 

すると公開状態の設定が開くので、「この投稿を先頭に固定表示」にチェックを入れてOKボタンを押して保存しましょう。この状態で公開をすると、設定した記事が常時アーカイブの一番上に表示されるようになります。

sticky-post02

先頭固定表示のカスタマイズに必要なテンプレートタグ

先頭固定表示に対応したい時に、「これらは必要かなぁ」と思う関数を2つメモしておきます。(というかコレ以外にあるんですかね)

先頭固定表示のクラスを吐き出すテンプレートタグ

投稿情報に合わせたクラスを吐き出してくれるテンプレートタグ「post_class()」があります。

記事の公開設定が先頭固定表示だった場合、「sticky」というクラスを吐き出します。もし先頭固定表示の記事のみデザインを変えたい場合に使えますね。

このテンプレートタグはその他の固定ページや単一記事ページなどでも専用のクラスを吐き出してくれるので、もし使っていない方はなるべく記述した方が良いです。ループ内での記事を囲っているHTMLタグに埋め込んでおきましょう。例えば以下のように。

 先頭固定表示かどうか判定するテンプレートタグ

先頭固定表示かどうかを調べてくれる、判定用のテンプレートタグ「is_sticky()」が用意されています。コレを使えばデザインどころか、HTMLすらドカンと一気に変更出来ますね。

例えば僕はこのテンプレートタグで条件分岐をしてHTMLを書き換えています。

先頭固定表示をするということは日付との関係を無視して目立たせたい、ってことなので日付の他「Pick Up!」という文字を用意して目立たせるようにしてみました。(トップページやその他アーカイブページのみ)

こんな感じ

大体これら2つのテンプレートタグを使って先頭固定表示に対応する形になると思います。


他のブログサービスでは記事の日付を(世紀末並みの)物凄い未来に設定してトップに表示したりしますよね。それをWordPressさんはチェック一発で綺麗にやってのけるッそこにシビれる!あこがれるゥ!(世紀末並みの発言)

最終更新日:2014年9月28日

コメント

「何かそこ違うよ」「こうした方が良い」っていう部分があったら指摘して頂けると嬉しいです。

トラックバック

トラックバックは現在ありません。

Trackback: https://increment-log.com/sticky-post/trackback/