[WordPress]ウィジェットが有効・無効になっているかを判定し条件分岐で処理をするスニペット

ウィジェットが無効化されている場合にHTMLを出力したい状況になったのでメモ。

ウィジェットが有効・無効になっているかどうかを判定するには、WordPress側で用意されているis_active_sidebar()という関数を使います。ちなみにウィジェットが一切設定されていない状態が無効状態です。(逆に一つでもウィジェットが設定されていると有効状態です)

 is_active_sidebar()の引数に登録したウィジェットのIDを渡すとtrueかfalseを返してくれるので、これで条件分岐します。ウィジェットのIDというのは、register_sidebar()で登録するときに指定する値です。

ウィジェットはこんな感じで登録すると思いますが、上の例で言えば3行目の「’id’ => ‘sidebar-name’」がウィジェットのIDになります。

参考: is_active_sidebar:WordPress私的マニュアル

最終更新日:2014年9月28日

コメント

「何かそこ違うよ」「こうした方が良い」っていう部分があったら指摘して頂けると嬉しいです。

トラックバック

トラックバックは現在ありません。

Trackback: https://increment-log.com/widget-is-active/trackback/