シェアしたい欲求を満たすためTwitterに予約投稿できるサービス「Buffer」を使い始めてみました

begin-use-buffer-thumb

「良い感じの記事をシェアしたい!」という欲望を常日頃持っているのですが、「ねぇちょっとコレ見てよ!この記事面白いこと書いてるから!マジで見て!まじまじと見て!」と触れ回るのはウザがられてしまうので自重しています。

チャットで特定の人へURLを貼りまくる行為も迷惑ですし、Facebookでシェアするのも場違いです(記事の内容によりますが)。

「じゃあ気軽なTwitterでシェアしようよ」ってことで、Bufferを使い始めてみました。

Bufferってなに?なぜ使うのか?

Webサイトや記事をシェアしたいのならTwitterにログインして呟けばOKです。では、なぜBufferを使うことにしたのかと言いますと。

この「Buffer」ってのは、Twitterアカウントに予約投稿できるTwitterとの連携サービスです。予めBuffer側で呟く時間帯を設定しておき、その時間になったら予約されたツイートを1つずつ呟いてくれます。

begin-use-buffer01_
最初から丁度良い時間帯(?)が設定されています

Twitterでシェアしたい記事を矢継ぎ早に呟いていけば、フォロワーのTL(タイムライン)をどんどん流すことになってしまいます。気になる人にとっては迷惑ですよね。だからといって、1つずつ時間を空けて呟くのも一々Twitterを開いたり、シェアする予定のURLを管理したりする必要が出てくるので疲れてしまいます。

そう考えると、Bufferはこのニーズに答えた上手いサービスだというのが分かります。また、マーケティングの面でも「うまいやり方だなぁ」と感服できる使い方があります。(というかコッチが主目的?)それはこちらの記事に書いてあります。

Followerwonk」というサービスを使えばフォロワーのアクティブな時間帯の統計が見れるらしく。つまり、調べたその時間帯とBufferの投稿時間を一緒にしちゃえばツイートを見てもらえる確率がグンと上がるんですね。見てもらえる確率が上がるのなら、アクセス数も上がること必至。これはスゴイ。

 その他のサービスと連携できている点も強い

このBuffer、PocketやFeedlyなど人気のサービスと連携できている点も強いですね。Chromeの拡張機能やFirefoxのアドオンでもあるので、Twitterで投稿したくなったらBufferのアイコンをタップ(またはクリック)で手間なく予約できます。

begin-use-buffer02
Chromeの例。このアイコンをクリックして予約ボタンを押すだけ

気軽に、手間なく扱えるってのは嬉しい限りです。ちなみにFacebookやTwitterアカウントで登録できるので導入も楽々ですよ。


マーケティングとか言っちゃいましたけど、僕はただ「イイネ」って情報をシェアしたいがために使い始めてみました。ただの個人ブログですし、Twitterのフォロワーも現在一桁なので完全自己満足に終わります。

最終更新日:2014年9月28日

コメント

「何かそこ違うよ」「こうした方が良い」っていう部分があったら指摘して頂けると嬉しいです。

トラックバック

トラックバックは現在ありません。

Trackback: https://increment-log.com/begin-use-buffer/trackback/