【WordPress】カテゴリーページでカテゴリー毎に任意の画像や文章をプラグインで表示させる

category-rich-text_thumb

はい、何だかデジャブなタイトルの記事です。WordpressをECサイトにするプラグインなどを使った場合、カテゴリー一覧テンプレートでカテゴリー毎に画像を表示したい、なんて事ありますよね。

前回「カテゴリーページで、カテゴリーごとに任意の文章を表示する」といった記事を書いてしまいましたが、これよりももっとスマートな方法がありました。

プラグイン「Rich Text Tag, Category, and Taxonomy Descriptions」を使う

カテゴリー一覧テンプレートをカテゴリー毎にスラッグ名を付けて用意する、という方法もありますが、プラグインの「Rich Text Tag, Category, and Taxonomy Descriptions(以下: Rich Text Tags)」を使った方が作業時間が段違いです。だんちです。

そして使い方も簡単です。やばいです。また、カテゴリーと言っていますがタグにも使えます。

Rich Text Tagsの使い方

まずはインストールしましょう。インストールの手順は簡単なので箇条書きにします。

プラグインのインストール

  • WordPressの管理画面にログイン
  • 左項目の「プラグイン」内にある「新規追加」をクリック
  • 検索フィールドに「Rich Text Tags」と入れて検索
  • 「Rich Text Tags」というプラグインが見つかるのでインストールして有効化

インストールが完了すると、カテゴリー編集ページにリッチテキストエディタが出てくる

インストール後の設定などは一切必要ありません。自動的にカテゴリー編集ページにリッチテキストエディタが出現します。

rich_text_tags_a

普通に投稿を編集するように画像や文章を入れ、最後に更新ボタンを押します。

編集した内容を表示したい位置にテンプレートタグを記述する

「Rich Text Tags」で入力した内容は今まで説明欄だった部分を入れ替えています。編集した内容は従来の説明欄を出力するWordpressのテンプレートタグで出力する事が出来ます。

カテゴリー一覧テンプレート(category.php)や、タグ一覧テンプレート(tag.php)で、編集内容を表示したい位置に下記テンプレートタグを記述します。

これでカテゴリー毎に任意の画像や文章を表示する事が出来ます。

最終更新日:2014年9月28日

コメント

「何かそこ違うよ」「こうした方が良い」っていう部分があったら指摘して頂けると嬉しいです。

トラックバック

トラックバックは現在ありません。

Trackback: https://increment-log.com/category-rich-text/trackback/