VagrantのSSH接続をWindowsのコマンドプロンプトで実行できるようにする

WindowsのコマンドプロンプトにはSSH接続機能がないので、Vagrantのvagrant sshコマンドが効きません。

Tera Termを使ってSSH接続しても良いのですが、どうせならチャチャッとコマンドプロンプトでもvagrant sshをしたい。そういう場合は「OpenSSH for Windows」をインストールして使えるようにしましょう。

上のページにアクセスして、下の方にあるDownloadsをクリック、そしてBinary Installer Releasesをクリックします。するとダウンロードページに飛ぶので、「Looking for the latest version?」とあるリンクから最終バージョンのソフトをダウンロードしましょう。

windows-vagrant-ssh01
ダウンロードはSourceForgeから

 

あとはダウンロードしたインストーラーを起動し、Nextボタンを押して行けばOpenSSHのインストールは完了します。途中にSSHクライアント、SSHサーバーの選択がでてきますが、もしSSHサーバーは必要なければチェックを外します。

windows-vagrant-ssh02
SSHサーバー機能が不要ならチェックを外す

 

インストール直後にすぐvagrant sshをしても動かない場合は再起動、もしくはログオフをしてみてください。自分は念のため、sshプログラムがあるパスを環境変数に設定しておきました。

sshプログラムはインストールフォルダのbinフォルダに入っています。Windows 7 64bitでのデフォルトなら「C:\Program Files (x86)\OpenSSH\bin」にあるので、このパスを環境変数に設定します。(Windows 7でのパスの設定方法は「Windows 環境変数 Path の設定方法」が参考になります)

コマンドプロンプトでsshが使えるようになったら、vagrant upで立ち上げた仮想サーバーでvagrant sshが通るようになります。

VCCWでvagrant sshを使った場合

WordPressのテーマやプラグイン開発に便利なVCCWでvagrant sshを実行すると

となってパスフレーズを聞かれるので、空欄のままEnter。そうすると

となってパスワードが聞かれるので「vagrant」と入力します。これで仮想サーバーにコマンドプロンプトでSSH接続ができました。

以上です。日本語は文字化けするので注意して下さい。

最終更新日:2014年11月12日

コメント

「何かそこ違うよ」「こうした方が良い」っていう部分があったら指摘して頂けると嬉しいです。

トラックバック

トラックバックは現在ありません。

Trackback: https://increment-log.com/windows-vagrant-ssh/trackback/