WordPressをアップデートしたら古くなった。ビジュアルエディタのデザインが酷いことに…

photo credit: kadege59 via photopin cc
photo credit: kadege59 via photopin cc

WordPressの最新バージョン「3.9」が来ましたね。僕は光の速さでアップデートしました。

WordPress 3.9では画像アップロード機能の強化やヘッダー、ウィジェットのリアルタイムプレビューなど色々ありますよね。

そんな新バージョンでいち早く記事を書こうとして新規追加画面に移動したら、ビジュアルエディタが酷いことになっていました。

ちなみに光の速さでアップデートしたのは嘘です。

デザインがおかしい

wordpress-39-editor01

あれ?何かがおかしい。周りのUIと比べるとデザインが浮いている。アイコンが空白になってるボタンがあるし、何かグラデーションのスタイリングされてるし。

「いや、これがWordPress 3.9のデザインなのかもしれない」と思ったものの、ローカルにWordPress 3.9をインストールして確認してみると今まで通りでした。

赤枠の部分、ちゃんとアイコン出てますね
赤枠の部分、ちゃんとアイコン出てるしグラデーションじゃない

原因はCloudFlareのキャッシュ

原因はCloudFlareのキャッシュでした。ビジュアルエディタが同じ状態になっている方はキャッシュを消去してみましょう。

CloudFlareにログインし、ドメイン右端の歯車マークから「CloudFlare settings」をクリックします。

wordpress-39-editor03

 

「Settings Overview」タブの項目3つ目辺りに「Cache Purge」とあります。緑色のボタン「Purge cache」をクリック。

wordpress-39-editor04

 

「特定のファイルを限定してキャッシュを消去する方法あるよ」とポップアップ表示されますが、「Yes, purge everything」をクリックしてキャッシュを全て消去します。原因のファイル(のURL)が分かっていれば「Purge single file」からピンポイントでキャッシュを消去するのもアリです。ただ、僕は分からなかったので全て消去しました。

wordpress-39-editor05

 

少々待つとキャッシュが削除されるので、ビジュアルエディタを確認してみましょう。直っているハズです。

一安心
一安心

他のCDNやキャッシュ系でも同じ現象が起きてたりするのでしょうか。

最終更新日:2014年9月28日

コメント

「何かそこ違うよ」「こうした方が良い」っていう部分があったら指摘して頂けると嬉しいです。

トラックバック

トラックバックは現在ありません。

Trackback: https://increment-log.com/wordpress-39-editor/trackback/